心理カウンセラーの就職先

心理カウンセラーになるために必要な事柄を学んだ後、資格を取得される方が多くいらっしゃいます。取得した資格を生かして、仕事をされたい方がほとんどですが、心理カウンセラーの就職先には、どのようなものがあるのでしょうか。

教育機関

心理カウンセラーの仕事の中には、スクールカウンセラーといって、学校などで生徒や保護者の方の相談を受け付けるというようなものがあります。たとえば、不登校になっている生徒さんとの会話を通して、心理的なサポートをしたり、保護者の方に必要なアドバイスをすることで、問題の改善を促します。そのほか、育児などでお悩みの保護者の方の心理的な悩みを解決したりと、幅広い職務内容で、遣り甲斐を持って働くことができます。このような仕事は、通常、学校に毎日出向くということはほとんどなく、決められた日に不定期に出勤することになるようです。

一般企業

産業カウンセラーという心理カウンセラーの仕事は、主に一般企業と契約して、社員の仕事に対するストレスにまつわる悩みなどの相談を受け付ける仕事をします。ひとりひとりの悩みを改善することで、企業全体の業務の向上を目指すことができるため。産業カウンセラーは、企業の中でも重要な仕事を担うことになります。取得する資格には、初級から上級があり、取得している資格によって、仕事の内容にも違いがあります。上級の方は、より責任のある仕事を受け付けることになるかもしれませんが、その分、収入の面で優遇されることもあるかもしれません。

医療機関

医療機関で心理カウンセラーとして働く場合には、主に精神科や心療内科などで仕事をすることが多いようです。心理的な悩みだけではなく、心理的な悩みから身体に症状などが現れている方などもいらっしゃるため、責任の重い仕事である分、遣り甲斐も大きなものとなるかもしれません。使命感を持ってカウンセリングを行っている方が多くいらっしゃいますが、大きな医療機関である場合、安定した収入を得ることも可能であるようです。

ページトップへ